10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

歴史に出てくる鬼 2 「阿用の一つ目の鬼」 

 次に鬼の記述が見られるのは、『出雲国風土記』である。さっそくあたってみると、
   阿用(あよ)の郷(さと)。郡家の東南一十三里(さと)八十歩(あし)。古老(ふるおきな)の伝へて云(い)はく、昔、或(あ)る人、此処(ここ)に山田佃(つく)りて守(も)りき。尓(そ)の時、目(め)一つの鬼来(き)て、佃人(たひと)の男(おのこ)を食(く)ひき。尓(そ)の時、男の父母(かぞいろ)、竹原(たかはら)の中(うち)に隠(かく)りて居(を)る時に、竹の葉動(あよ)きき、尓(そ)の時、食(く)はゆる男、「動々(あよあよ)」と云ひき。故(かれ)、阿欲(あよ)と云(い)ふ。神亀(じんき)三年、字を阿用と改む。
  〈現代語訳〉
   阿用の郷。郡役所の東南十三里八十歩[七・一キロメートル]。古老が伝えて言うことには、昔、ある人がここに山田を耕して守っていた。そのとき、一つ目の鬼が来て、農夫の息子を食った。そのとき、息子の父母は竹藪の中に隠れていたが、竹の葉が揺れ動いた。そのとき鬼に食われている息子が、「ああ、ああ(あよあよ)」と言った。だから、阿欲という。神亀三年(七二六)、字を阿用と改めた。(注1)
とのようにあり、阿用の郷の名の由来があるが、ここに出てくる鬼が一つ目というのは、鬼の正体の一つと考えられている製鉄民に関係の深い鍛冶神である、隻眼一本足の天目一箇命(あめのひとつのみこと)という神をイメージさせる。
 また、神に仕えるものとして、片目を潰す習慣があったらしい。これについて馬場氏はこう論述されている。
   阿用の鬼はたぶんこのような意味をもつ一眼の人であったのだろう。神に付随するものとして、類似の力を発揮することが許され、人びとは神への敬虔な畏れからのみこの横暴を黙視し、このような者を〈おに〉と呼んだのではあるまいか。わずかな抵抗が怒りにふれ、阿用の若い農夫は「あよあよ」という悲鳴とともに落命した。この顛末の目撃者でもあった農夫の父母によってこの事件は伝えられたが、目一つの男の自信にみちた兇暴さが、抵抗不可能のものであることを、老いた父母は熟知していて竹原に逃れたのであろう。『日本書紀』には素戔鳴が姉の田を妬み「秋は捶籤(くしざ)し馬伏(ふせ)す」と書かれている。「捶籤」とは所有権を主張して他人の田に串をさすことであるが、この阿用の目一つの者も、勤勉な農夫の田に神串をさしに来たのかもしれない。しるしの串をさされることによって、収穫の喜びが一時に奪われることへの抵抗がこのような惨劇をよんだとも想像される。(注2)
 では実際に、この鬼とされた目一つの者とはいったい何者であったのか。次回へ続きます。


1.荻原千鶴全訳注『出雲国風土記』(〈講談社、1996年6月〉Ⅱ「各郡」/九「大原郡」/(二)「郷」〈291~3ページ〉)。引用箇所は〈291・3ページ〉。
2.馬場あき子著『鬼の研究』(〈三一書房、1971年6月第1版。1991年1月第1版22刷使用〉二章「鬼をみた人びとの証言」/1「鬼に喰われた人びと」/「阿用の一つ目の鬼」〈45~8ページ〉)。引用箇所は、〈46~7ページ〉。
スポンサーサイト

[edit]

« 歴史に出てくる鬼 3 「目一つの者」  |  歴史に出てくる鬼1 「『日本書紀』の鬼」 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tasogarenokaerimiti.blog.fc2.com/tb.php/6-7c975d81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。