10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

「見えないモノ」と恐怖 

 見えないモノに対する恐怖とはいったいどういうものなのだろうか。前回の結びで述べたように、闇に深く関わるのではないかと思う。
 なぜ、闇に恐怖を感じるのか。それは「知覚できない」という点に至るのではないだろうか。対象を認識することができれば対処することができる。だが、闇に潜む正体のわからないものに対しては対処ができないのである。それが、雨どいから落ちる雫の音であったとしても人は恐怖を感じてしまうのだ。
 そこで、恐怖を克服するために人々が取った方法とはなんだったのか。それは恐怖の「可視化」である。対象として認識することができれば、不思議なことに恐怖は和らいでしまうのだ。
 では、恐怖に対してどのような可視化を行ったのだろうか。次回から具体的な事例に触れながら考えていきたいと思う。
スポンサーサイト

[edit]

« 歴史に出てくる鬼1 「『日本書紀』の鬼」  |  「見えないモノ」とは »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tasogarenokaerimiti.blog.fc2.com/tb.php/4-fa79e659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。