10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

「見えないモノ」とは 

 前回の記事の「見えないモノ」について考えて見ようと思う。
 『国語大辞典』によると、3 対象をあからさまにいうことをはばかって抽象化していう。イ 神仏、妖怪、怨霊など、恐怖・畏怖の対象。(注1)とある。
 このことから、前回の鬼の項にあった「穏」の字の変化というのは「物」を指すことに繋がるのではないだろうか。では、具体的に見えないモノとは何を指すことになるのであろう。上記にある神仏、妖怪、怨霊のことはひとまずわきにおいておくこととして、恐怖・畏怖の対象という点について考えると、人知の及ばないもの、人間の力では対処できないものと解釈できると思う。
 いつの時代も人々は自分たちに危害を及ぼすものに恐怖を感じてきた。暗闇に対して光を用いて対抗する。原始の時代に火を扱うことのできた人類は暗闇を克服し、他の野生動物に対して有利に生活することができるようになった。しかしそれは、闇に潜む恐怖というものを認識するがゆえのものであったと思う。現代でも夜には眩しいくらいのネオンや道を照らす街灯など、闇に対して光を用いている。少し想像してみてほしい。もし、夜道を歩く時に明かりがなく、月や星だけの明かりで歩かなければいけなくなったなら。月も星も雲で隠れた闇夜であったなら。暗がりから感じる気配に恐怖を感じるのではないだろうか。
 闇に対する恐怖。これこそが見えないモノの根源にあるものではないかと思う。


1.尚学図書編『国語大辞典』(小学館、1981年12月。「物」〈2346~2347ページ〉)。
スポンサーサイト

[edit]

« 「見えないモノ」と恐怖  |  鬼とは »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tasogarenokaerimiti.blog.fc2.com/tb.php/3-3b56b2f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。